2011年01月11日

【報告】スーパーママチャリGP 2010 世界選手権ファイナル

激走・劇撮ぱぱらっちーず 〜シーズン2〜
今年は2チーム編成で参戦しました。
(パパラッチ、エントリーありがとう)


ゼッケン69 チーム名「おっさんシックスティないなーず」
ゼッケン74 チーム名「おっさんフェアリーテールズ」
DVC00122.JPG

(ゼッケンデザインはアジコバさん。ありがとう)


チーム編成は以下の通り。
※リーダー

★ゼッケン69
『おっさんシックスティないなーず』マシュマロ号
メンバー
 まちゃぴろさん
 とりちゃん
 部長※
 アジコバ
 アジコバ嫁・ちかちゃん
 TUKAさん

★ゼッケン74
『おっさんフェアリーテールズ』マイマザーよーこ号
メンバー
 パパらっちょ
 ぎょくちゃん
 おっさん
 おおくぼ先生
 なみちゃん
 ハゲ中野※




昨年は、ハゲ中野の仕事に合わせたため前夜祭にも参加できず、ママチャリでサーキットを激走し、丸2日間徹夜の末、疲労困ぱいで終わってしまった苦い思い出の屈辱を晴らすため、今年は大会日前日の1月8日夕方から会場へ乗り込むことに。


1月8日
6:45 TUKAさんが自宅に到着。部長チャリンコ・マシュマロ号を積み込む。
7:20 おおくぼせんせいピックアップ
8:00 ハゲ中野とハゲ中野のチャリンコ・マイマザー・ヨーコ号を積み込みむ。


ハゲ中野の実家で迷惑にはしゃぐ部長。
2504567_944914252_72large[1].jpg

その横を近所に住む高校生男児が白い目で通り過ぎる。


ハゲ中野「小さかった男の子が高校生になっとるわ」

部長「あのメガネのおっさん、結婚もせんとまだ実家に住んでるらしいでってウワサされとんちゃうか」



ママチャリ2台を積んでもこの余裕。
DVC00133.JPG

みんな気付いていた。
もはやこのレース、TUKAさんの車なしでは参戦不可能だということを。

早朝8時開店のジャパン宇治店で前夜祭用の酒を購入。
DVC00132.JPG


高速に乗って御殿場を目指す。
晴天の高速道路。富士山がキレイ。
DSCN1346.JPG


御殿場を降りて道の駅で、まちゃぴろさん、とりちゃん、アジコバ夫妻と合流。

夕方17:00頃、会場の富士スピードウエイへ到着。場所取りへ向かう。
DVC00125.JPG


昨年よりも参加チームが100以上増えていたので、場所取りは難航するも、おおくぼせんせいの根回しのおかげで、昨年と同じ場所を2区画ゲット。
(おおくぼせんせい、ありがとう)
畳2畳分ほどのピットエリアとクリスタルルームの場所取りにも成功したところで、ぱぱらっち、ぎょくちゃん、おっさん、なみちゃんと合流。
各自テントを設営したり、宴会の準備を進めたりする中、トラブル発生。
部長が準備するはずだった備品がほとんど準備されていなかったことが判明。
なんだかよくわからないけど、みんなスマン!!でもなんとかなってたよね。笑


18:45 宴会開始
DSCN8053.JPG


どのチームも前夜祭は大盛り上がり。
徹夜で宴会していたチームもあるんじゃないでしょうか。


昨年、この宴会に参加出来なかったハゲ中野とTUKAさんはテンションMAX。
2504567_944901520_249large[1].jpg

DSCN8055.JPG



極寒にもかかわらず、どんどん酒がすすんで、ハゲ中野に至っては1人で角瓶を半分以上空けていた。
テントに入って就寝したのは日付が変わった午前1時頃だったかと。


朝6時頃、起床。

テントの前室を開けると、部長のテント入り口前で寝袋にくるまり番犬のように寝ていたハゲ中野が撃沈していた。
2504567_944897820_168large[1].jpg


とにかく邪魔なので、赤十字の救命救急法方式で意識確認。


部長「もしもーし、大丈夫ですか?」×3


ハゲ中野「・・・・・うるさい。さっきトイレで吐いたし、頭痛いねん」



ただの二日酔いと確認。



部長「レースどうすんねん。走れるんか?」



ハゲ中野「・・・ムリ」



お前は一体、はるばるここまで何をしにきたんだ。




夜明けとともに、サーキット内ではラジオ体操の放送が始まる。
人の刷り込みとは恐ろしいもので、無意識に身体が動いてしまう。
DSCN8063.JPG


だがしかし、ラジオ体操第1に続いてラジオ体操第2が放送されるとは想定外だった。
周囲のチームをちらちらカンニングしたのだが、第2の振り付けまでは刷り込みされておらず、どのチームもさっさと諦めて朝食タイムに。もちろん部長もさっさと諦めて、朝食の豚汁をすすることにした。
(食糧担当の、ぎょくちゃん、おっさんありがとう)


8時のスタート30分前に、ぱぱらっちーずのレースクイーン登場。
DVC00120.JPG

コンセプトは、おっさんフェアリー。

殺気立つスタートエリア。
2504567_944894893_229large[1].jpg


パパラッチ!ニセパイが垂れてるよ!!
DSCN8067.JPG


スタート後はテントエリアで待機。
順番が来たら携帯で連絡を取り合い、ピットで待機→選手交代。
この繰り返しで7時間の耐久レースに挑みます。

DSCN8085.JPG

DSCN8077.JPG

DSCN8076.JPG



とりあえず顔を突っ込んでみる。
DSCN8095.JPG


テントエリアは昨年同様、難民状態。
DSCN8092.JPG


1周したパパラッチから何故かフェアリーコスプレを渡される。

エ?着るの?


・・といいつつ、ノリノリの部長。

DVC00100.JPG


どんと来い!

もはや失うものは何もないのだから。

カメラ小僧も怖くない。
7399023_944148288_133large[1].jpg



この馬鹿げたレースでただ一人闘志を燃やしていたのは、TUKAさん。
DVC00118.JPG


TUKAさん「おれ、次5周いっていい?」

過酷なレーシングサーキットにおいて1人あたりのアベレージはせいぜい2周が限度といったところ。そんな中での究極ドM発言。アドレナリン分泌しすぎでしょう。勝手にエースの地位を不動のものにしたTUKAさんは、走るごとにペースを上げ、途中結果でゼッケン69「おっさんシックスティないなーず」は190位という好成績をマークする。


その頃、午前を過ぎても撃沈中のハゲ中野。
DVC00124.JPG

ほんとにお前は一体、なにをしに来たんだ。


レース終了の1時間前、ピット内が慌ただしくなる。
どのチームもここからが正念場。
ゼッケン69「おっさんシックスティないなーず」の目標は200位以内。
急遽、体力のあるメンバーで効率よく周回する作戦を立てた。
最終ランナーはもちろん・・・・・昨年同様、部長が担当。笑
フェアリー・ミラクルマジックがさく裂するか??



昨年の失敗を繰り返さないよう、今年は余裕を持ってチェッカー作動終了の7時間10分以内でラスト1周を稼ぎました。



ラス1いってきまーす。
DSCN8100.JPG



最後はお決まりのNO.1ポーズでゴール。
DSCN8103.JPG



みんなお疲れ様!!
両マシンが大破することもなく、デッドヒートで機体から放り出されることもなく、全員無事完走しました。
DSCN8123.JPG



ゼッケン69「おっさんシックスティないなーず」の結果は・・・

1340チーム中、245位!!

200位以内の目標は達成出来なかったけど、なかなかの好成績なんではないでしょうか。
てゆーか、1人ノリノリで10分ペースで10周以上走破したエースTUKAさんのお陰だったことは言うまでもないでしょう・・・
DVC00115.JPG


ゼッケン74「おっさんフェアリーテールズ」の成績は・・・リーダーのハゲ中野に苦情をどうぞ。



月曜日が仕事のハゲ中野、おっさん、おおくぼせんせいとお別れして、残ったメンバーは箱根の温泉旅館へ。
(格安で保養所を提供してくれた、まちゃぴろさんありがとう)


夕食終了まで時間がなかったので、フェアリー姿のままチェックインすることに・・・。
途中、お●っこが我慢できず、箱根のコンビニに立ち寄ったのだが、恥ずかしいのでTUKAさんにトイレのドアの外で待っててくれとお願いしていたにも関わらず、トイレから出てきたら、TUKAさんいないじゃん!!!
コンビニ店員及び、コンビニ客の白い目線が集中。
どんな放置プレイなのよ。



旅館で記念撮影。
ほんとにフェアリーでチェックイン。
DSCN8142.JPG



魔法の粉が切れたフェアリー。
フェアリーも辛いんだよ。
もう手酌でいくからね。
DSCN8153.JPG



二次会は浴衣で宴会。
DSCN8163.JPG



朝起きたら白銀になってました。
DSCN8174.JPG



高速に乗っても最後まで富士山は美しかった。
DVC00103.JPG


みなさま、応援ありがとうございました。

次回はうみうし部、伊豆遠征。実現なるか。
と、その前に串本で極寒ダイブとキャンプ合宿を予定しております。
こうご期待。
posted by うみうし部 at 20:58| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

明けましておめでとうございます!2011

明けましておめでとうございます!

久しぶりのブログ更新です!


前回告知していた、「フリーダイビングインドアカップ in 関西 京都グランプリ2010」は無事、無事故で終えることが出来ました。
今大会はABC(関西のテレビ局)さんの1日密着取材があったり、フラダンスがあったり、フリーダイビング観戦方法を分かりやすく解説するなどのイベント目白押しでしたね。
少ないですが、写真を掲載します。
部長もパパラッチも超・超・裏方で頑張りました。

P1090267.JPG


P1090050.JPG


DSCN1049.JPG


(写真提供は濱崎さん、パパラッチです。ありがとうございます)


ポスターデザイン提供のアジコバさん、
メダル制作担当の若狭のジャックマイヨールことハゲ中野。

お2人にも感謝、感謝です。


さてさて、本業の素潜りはというと・・・
もちろんオールシーズン活動中です。


現在、三重県の熊野で定期的に素潜ってます。
太平洋はこれからどんどん透明度がアップしてきます。
楽しみですね。
1651355959_41[1].jpg

こちらは新春素潜りの様子。
アプナーさん、毎度お世話になってます。


そしてそして・・・

今年も参戦します。


第4回 ママチャリ日本グランプリ
新年極寒真冬の寒風吹きさむ富士山のふもと・・・・・・
2011年は超過酷な世界選手権で始まる・・・・・・
F1を超えたい!スーパーママチャリグランプリ

http://www.japan-racing.jp/fsw/10/10mama.htm



また素潜りと関係ない??
ノンノンです。

全ては素潜りのため、フィンワークを強化するため、
メンバー一同富士山の裾野でママチャリの7時間耐久レースに参戦。太ももに鞭打って挑みます!!


※ちなみにフリーダイビングの大会名もここからヒントを得ました。
今だから言えるぶっちゃけ話ですっ


一周約4キロのレーシングサーキット。
我らの目標はただひとつ。
たとえ苦しくとも、ママチャリを押して歩いてはならない。
立ちこぎでそこにある坂道に挑め。


今年もマラソン馬鹿、素潜り馬鹿、トレラン馬鹿、自転車馬鹿、水泳馬鹿などなど、ドMな変態たちを集めました。
以下、メンバー及びチーム名です。
さてさて、うみうし部メンバーはどこにいるかな??
ヒントは赤字。
今年はうみうし部、フルメンバーで参加しますよ。


★ゼッケン69
『おっさんシックスティないなーず』

マシュマロ号(うみうし部部長提供ド・ノーマル・ママチャリ、変則なしの軽量タイプ)

メンバー
まちゃぴろさん
とりちゃん
部長
小林さん
小林さん嫁
大塚さん


★ゼッケン74
『おっさんフェアリーテールズ』

マイマザーよーこ号(若狭のジャックマイヨール提供ド・ノーマル・ママチャリ、変則ありの重量タイプ)

メンバー
パパら
パパら嫁
おっさん
みっちゃん
大窪先生
なみちゃん
若狭のジャックマイヨール


明日、26インチのド・ノーマルママチャリを戦艦に2台搭載し、関西から富士スピードウエイへ乗り込みます。
43141164_1008642539[1].jpg


みなさんの応援、よろしくお願いします!
posted by うみうし部 at 23:11| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

なのにあなたは沖縄へ行くの。

部長、2年ぶりに沖縄へ行く!!


2010年12月、部長はこっそりと沖縄へ行ってきました。
メンバーは、うみうし部新入部員候補生のまさひろくん。


12月13日 AM10:25
阪急の桂駅で待ち合わせ→合流。
ひと足早く改札口に着いていたまさひろくんに、部長トンデモないものを渡す。


まさひろくん「・・・え?」


スポーツプラザA巣の水泳帽。(しかも少し湿っている)


部長「ちょっと買い物いってくるから持ってて。ウエットなしで素潜りするんやったら、水泳帽は必須や。乾いてへんかったから、カバンに入れられへんかったんや。」

だからって、いきなり濡れた水泳帽を渡すなよ・・・と言いたげなまさひろくん。

110117_134311.jpg

参考資料:スポーツプラザA巣の水泳帽

事件はまだあった。


ホームで電車を待っている間、おばちゃんに声をかけられた。

おばちゃん「いや!いやあ!女の子かと思った!!」

おばちゃん、どうやらまさひろくんを女の子と勘違いした模様。

おばちゃん「いや〜かっこええわあ」

きれいな顔をしたまさひろくんにゾッコンのおばちゃん。
その横で、部長は思っていた。
女の子ならまだしも、男の引き立て役になったのは人生で初めてだ・・・と。


参考資料:まさひろくん(2010年4月撮影)
WS000000.JPG


空港までのエピソードはこれくらいにして、
神戸空港はクリスマス一色。
すさんだ心の持ち主の部長は、クリスマスのイルミネーションに唾でもはきかけるかの如く悪態をついていた。
DVC00960.JPG


恋人なんて、彼氏なんて、ふん。



スカイマークに乗り込んで、空港でお買い上げした柿の葉寿司を食べる。
中身は鯖とシャケ半分ずつ。
Un01.JPG

鯖が好きだという、まさひろくんに鯖を2つあげた優しい部長。
その後、スカイマーク発行の雑誌で沖縄のベタなカフェを調べて、眠たくなったので爆睡。
部長は何度も頭がカクカクなってたので、何度も窓際にゴツゴツ頭をぶつけて痛かった。
座席を倒せばよかったと後悔。


那覇空港到着後、レンタカーを借りて、宿のある瀬底島へ。
DVC00958.JPG



途中、イオンモールで、3日間の食糧を調達する。
DVC00953.JPG



忘れてはならない、オリオンビール。
DVC00952.JPG


車の運転は、まさひろくんに任せた鬼部長は優雅にファースト・オリオン。


北谷サンセットビーチに立ち寄って、夕陽を眺め・・・
Un03.JPG

Un04.JPG



イチャつくカップルにまたもや悪態をつく部長。そんな部長をなだめるまさひろくん。
ビーチ横に併設された足湯で、地元の人たちと足湯混浴してぼんやりして、そんなこんなで瀬底島の宿へ到着したのはなんと夜の9時であった。


宿の看板犬と一緒にテラスで夕食&宴会。オリオンビール、マグロ、カツオ、モズク、ミニトマト、沖縄ハム、スパムおにぎり、わさびチーズ。
Un08.JPG



ハムはハイジ食い。
Un09.JPG


そろそろ泡盛でも呑むか、と、スーパーで購入した高級焼酎「長老」を取りだしたとき、悲劇が起きた。
看板犬がまさひろくんに飛びかかり、驚いたまさひろくんは、「長老」を床に落としてしまったのである。長老の瓶はこっぱみじんに大破。


部長とまさひろくん、発狂。


泣きながら再びスーパーへ長老を買いに行くハメになったのであった。


犯人の犬。
Un10.JPG


犬「あたし悪くないもん。ハムをくれないあんたたちが悪いんだ」


その後、瀬底島にある幻想的な畑を散歩。
Un07.JPG


部長「まさひろくん、これヨモギやで、ヨモギ!!匂いかいでみて」


まさひろくん「ほんまや、ヨモギや!!」

瀬底島の人たちは、ヨモギ餅が好きなんだな〜〜〜!!


この時点でヨモギだと信じて疑わなかった2人。
翌朝、宿の女将に「ヨモギ、すごい量を栽培してるんですね」と話すと、「あれは菊だ」と指摘される。
瀬底島では年末年始に向けて菊の栽培をしているのだそう。
夜中でも光を灯していたのは、菊の成長を促すためとのこと。


いい大人が夜中にヨモギだヨモギだとはしゃいでいたのが恥ずかしい・・・


お世話になった民宿「やどかり」さん。
DVC00945.JPG



瀬底島散策へ。

ビーチ。
Un12.JPG


洞窟探検。
DVC00940.JPG


朝ごはん。まさひろくんお勧めの黒糖玄米ジュース。
110117_151755.jpg


旨いんだって!という自信たっぷりなまさひろくんだが、これは罰ゲームか??と思う味だった。
un13.1.JPG

でも栄養満点!!



ヤギ。
そのへんの草をちぎって与える。
Un17.JPG



沖縄といえばサトウキビ畑!
Un14.JPG



ワイルドな部長。
Un15.JPG

※良いコはマネをしてはいけません。



左にあるのが瀬底島。
さらば瀬底島。
Un18.JPG


時間はちょうど昼時。
地元の人で賑わうソバ屋さんへ。
ここでも部長はオリオン生★ビールをリクエスト。
この日の車の運転もまさひろくんに任すことにした鬼部長であった。
DVC00009.JPG

Un14.JPG



この日はのんびりスタートしたので、美ら海水族館へ到着したのは昼をまわっていた。
まずはオキちゃんショーから。
Un21.JPG


イルカのフジ。
Un22.JPG



・・・の、尾びれで遊ぶ部長。
注目すべきは後ろの観光客たちの白い目線。
Un23.JPG

このモノフィン、部長の脚にぴったりかも。
館山のフリーダイビング大会はこれでいくか。



シーサーの横でもモデルポーズ。
社会の窓が全開だったため、パンツ丸見えの部長。
Un26.JPG




・・・とまあ、ここまで楽しく園内を満喫してきたわけだが、大きな落とし穴があった。
なんと、オキちゃんやフジがいる屋外のイルカエリアは美ら海水族館の外で、水族館にすら辿りついていないのである。
敷地面積がでかすぎである。
この時点で閉館残り2時間を切っていた。

結局、美ら海水族館はかけ足で回るハメになるのだった・・・
Un27.JPG

Un28.JPG



ここで部長のうんちく開始。


部長「サメの雄雌の見わけ方知ってる?」


まさひろくん「??」

やや押しつけ気味のウンチクが開始されることに迷惑そうなまさひろくん。

部長「サメのおちんちんはクラスパーっていってな。ほらこれがオス!クラスパーが出てるやろ。あ、いま通ったやつはクラスパーがないからメスや!」

部長「あれはオス!あれもオス!これはメス!オス!!」

終始サメの性器に興奮の部長であった。
Un29.1.JPG

参考資料:サメのクラスパー

水族館閉店間際、お土産を購入。
かっちょいいジンベイザメのTシャツをゲット。
110117_140051.jpg

参考資料:ジンベイザメのTシャツ


ちなみにこのTシャツ、いつもお世話になっているアプナーのTUKAさんに買ってあげようということになったのだが、
あまりにかっこいいので部長もまさひろくんも同じものを購入したわけで。
3人同じTシャツでバッティングしてしまった時は気まずさがハンパないに違いない。


美ら海水族館をあとにして、急ぎ足で那覇へ戻る。
この日は、沖縄在住のフリーダイバー、マサくんと、さよさんにお会いする予定であった。
待ち合わせ時間を大幅にオーバーしてしまったので申し訳ない限り。

マサくんのお家にご招待して頂きました。ありがとうございます。
前日呑んでいた「長老」の残りで、漁師さんからもらったという魚の刺身をアテに宴会。
注目すべきは舟盛り。見てください。全て箸で出来ています。
マサくんお手製です。すごいクリエイターです。
Un31.JPG

Un32.JPG

マサくん、さよさんありがとうございました!


翌朝、ビザの面接へ行くというまさひろくんと一旦お別れして、部長はひとりで公設市場へ。
朝10時を回っているというのに公設市場のシャッターは閉まったまま。

沖縄時間??

開店まで何もすることがないので、ぶらぶらしていると桜坂劇場へ辿りついた。
併設されているカフェで朝ごはん。
DVC00056.JPG

DVC00054.JPG



2年前に沖縄へ遊びに来たときも立ち寄った映画館だったので、懐かしいなぁと思いつつ2階の雑貨屋をぶらぶらしながら、領事館帰りのまさひろくんを待つ。


来ない・・・


まさひろくんから迷子になったとの連絡を受けたのでしばらく漫画を読みながら待つ。


まだ来ない・・・



11時すぎようやく、泣きそうな顔でまさひろくんがやってきた。


まさひろくん「居だ〜〜〜」


地元の方たちに桜坂劇場の場所を確認するも、郵便屋のおじい、パーマ屋のおばあの呑気な情報にふりまわされたらしい。



沖縄といえば、ノラにゃんこ。
ノラにゃんこの写真を撮ったりして遊ぶ。
Un33.JPG


そうこうしているうちに、公設市場が開きだしたので、お土産を買うことに。
熊野でお世話になっている、ぐんそうさんにはマブヤーのコースターを。
うるさいハゲ中野には、島らっきょを。
それぞれ購入し、ブルーシールのお店でひとやすみ。
Un34.JPG




ひとやすみしていると、たくさんのお土産をかかえた修学旅行生とおぼしき女子高生がやってきた。
お土産を一生けん命、カバンに詰めようとしているのだが、うまくいかない様子。


その時、女子高生の口から友達に発した衝撃の一言。



女子高生「ねぇ・・・入んなぁ〜〜い」




食べていたウベアイスを落としそうなる。
前日、美ら海水族館でクラスパーに興奮していた部長は聞き逃さなかった。


部長「まさひろくん、まさひろくん、あのコあんなイヤらしいことゆーてるで!!」


・・・


・・・


『身体は大人、頭脳は子供!!』

コナンくんとはま逆の部長なのであった。

(思考回路はおそらく中2の男子レベル)




公設市場をあとにして、スカイマークの雑誌でチェックしていたカフェへ向かう。
浜辺のカフェ。
Un36.JPG


ワンプレートとお茶を飲みながらの癒しひととき。
Un37.JPG


カメラ女子(もどき)
Un38.JPG


これぞ沖縄。ド・ノーマル沖縄旅!!


素潜り人は沖縄といえば、素潜りだと張り切ってしまう。
重いウエットと重いウエイトを担いで、沖縄へ来るのもいい。
けど、こんなふうに海メインじゃない沖縄旅があっていい。

・・・と、カッコつけたことをうみうし部メンバーに話したところ、
「アホか、沖縄行って海入らな意味ないやろボケ!」と激しく叱られたのでした。

2点セット(マスク・シュノーケル)+水泳帽だけは持参してたのよ。
これだけは信じてね。



ビーチへ降りて、やどかりと遊ぶ。
手の中でもぞもぞする感触はまさしく、やどかりプレイ。
Un39.JPG



参考資料:慣れていない人の反応
Un41.JPG



まさか、あおさ?
Un42.JPG



福井県海浜自然センターのナチュラリスト候補として海藻講習を受けた部長としては見逃せない。
食べてみよう。
Un43.JPG


歯ごたえなし!
あおさのシーズンには少し早かったかな?



飛行機の時間までぶらぶら。
Un45.JPG


レンタカーを返して、空港で最後のオリオン。
DVC00045.JPG


名残惜しいので、飛行機の中でもオリオン(缶)を呑みながら帰宅したのでした。



写真提供:ほとんどまさひろくん
posted by うみうし部 at 00:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。