2010年02月19日

梅と熊野と素潜り

2月13〜14日。

アプナーTUKAさんと、またまた真冬の熊野へ素潜りにいってきました。
IMG_6766.JPG




天女座で頂いた、くず餅の黒蜜きなこ。
IMG_6765.JPG



徐副茶屋で頂く朝食。
IMG_6788.JPG




野菜たっぷり鍋。
IMG_6784.JPG




にゃんコ。
IMG_6776.JPG




らんま1/2でしか見たことがないような巨大ヤカン。(右下の携帯でその大きさをご想像下さい)
IMG_6792.JPG




・・・


・・・


またまた熊野タイムに毒されるところでした。
そんなことをしに来たわけではないのです。
いざ真冬の熊野灘へ。



1日目
ポイント/井内浦ビーチ
IMG_6769.JPG


13時10分頃エントリー

メンバー/mayu TUKAさん
気温/9〜10度
波/ほぼなし
水温/14〜15度
透明度/11〜12m


14時頃エギジット。


巣穴から飛び出したコケギンポがいました。

水温が低いので、バッテリーの持ちが悪いことを懸念して水中写真はパスしました。
ごめんなさい。



2日目

ポイント/須野ビーチ
IMG_6794.JPG



10時05分エントリー

メンバー/mayu、TUKAさん
気温/9度
波/弱うねりあり
水温/15〜17度
透明度/12〜13m


生き物探しはやめて、ダラダラと好き勝手に潜りました。
朝一の寝起きダイブは最高に気持ちが良くて、結構好きです。
最後は波にゆられてウトウト・・・


真冬とは思えない暖かな日差しに、この日もまったりなのでした。


お土産になった、生さんまの塩漬け。
IMG_6797.JPG


熊野の風景。
IMG_6798.JPG



梅が咲いています。
IMG_6768.JPG



海の中だけじゃなくって、陸でも癒された2日間なのでした。
posted by うみうし部 at 22:02| 三重県 熊野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

なのに、あなた達は伊豆へ行くの。

仕事の調整を付け、ゴマをすりすり有給取得。
奇跡の4連休を獲得したにも関わらず、天候は雨。
うみうし部3名で登山へ行く計画が流れてしまいました。
ひともんちゃくありつつ、暇人たちは朝7時に京都駅へ集合。


牡蠣ツアー、和歌山田辺の鍋ツアー、いろいろと案が出たものの、
「伊豆は・・・?」という一言で行き先が決まったのでした。
RAV野郎に乗り込み、ひとまず伊豆へGO、GOGO!!

過去、宮古島の素潜りトリップで宿泊した時に出会ったご夫婦が、伊豆で「桜峰荘」というゲストハウスを立ち上げたとパパラッチから聞いていたので、ひさしぶりに会いたくなった。


伊豆に行けば、何かある。
てか、なんとかなるやろ。

そんな希望を抱いて・・・・・・


テンション高めの3人。
44721401_4071679696[1].jpg




清水港に到着。市場見学と昼食を摂ることに。
44721401_667238922[1].jpg




イルカの味噌煮を頂く。・・・が、脂がきつい。
44721401_3508225611[1].jpg



その後、罰ゲームに回されるが、しっかり食べきる。


パパラッチは穴子丼を注文。マヘトンなのに何故・・・
44721401_3654895980[1].jpg





金目ダイとナマコを調達。ついでにミル貝も。
(写真、ちょっとグロいです)
44721401_367032691[1].jpg
44721401_477966861[1].jpg
44721401_2270531023[1].jpg



ミル貝は調理方法が解らず市場のオヤジに尋ねると、「ね〜ちゃん特別だぜ」とミル貝を掴み下ごしらえをしてくれた。

白い液体・・・いや、透明な液体を出すミル貝に「ぎゃ〜っ!!」と騒ぐと、オヤジのテンションがますますアップ。


「こいつの皮を剥くんだよ、ね〜ちゃん解るだろグヘヘ」


完全にセクハラやないか。



愉快な清水港を後にし、うみうし部は「東洋大学海洋博物館」でお勉強。
44721401_1061848420[1].jpg



東海大学といえば、深海魚。

リュウグウノツカイやラブカ、アンコウ、ウバザメの展示に背中がこそばゆくなる。
44721401_3974855201[1].jpg

44721401_2825191364[1].jpg

44721401_880148918[1].jpg

44721401_68757060[1].jpg



シロナガスクジラの骨からは今も脂が染み出していて、。磨き上げられた木目のよう。
44721401_3725203480[1].jpg




深海魚にも興奮だったのだが、クマノミの展示が楽しくてしばらくぼんやり眺めて日常の疲れを癒してみる。
44721401_4087106090[1].jpg



トウアカクマノミ♪
44721401_1226389825[1].jpg



タッチプールで子供並にはしゃぐmayu。
44721401_1763509890[1].jpg




タイムオーバーで後ろ髪を引かれつつ、ゲストハウスがある伊豆の河津を目指す。


午後7時間頃、ゲストハウス「桜峰荘」へ到着。
たけしさんとほすみさんの間には春樹くんという赤ちゃんが生まれていて、幸せいっぱい☆
44721401_2359202127[1].jpg



うみうし部提供の魚貝類と、ご夫婦提供の野菜で、晩御飯は鍋+北海道の毛ガニ!
44721401_2440719370[1].jpg

44721401_929388026[1].jpg



ほろ酔いになったところで、宮古島恒例の「おと〜り」へ突入。
44721401_2019767960[1].jpg




だが、悲劇はここから始まった。


角瓶と焼酎をストレートで一気呑み。
調子に乗る、うみうし部。
44721401_2655923279[1].jpg



調子に乗って2周も回す。
宮古島の思い出と、うみうし部メンバーが久々に揃った楽しい夜に、ハメを外してしまった様子。
44721401_2950375906[1].jpg



っか〜〜〜。きくねぇ〜〜〜。
44721401_864899588[1].jpg



気付いたら・・・・・・・





撃沈。





頭痛いよう、吐き気がするよう、最悪の目覚め。
そう、思い出した。


宮古島でおと〜りをした夜も、後悔の目覚めだった・・・・・・・
もう二度とするもんかと心に誓ったのに・・・・

人間とは、過ちを繰り返す馬鹿な生き物である。


へろへろになりながら、「桜峰荘」をあとにする。
ありがとう、たけしさん、ほすみさん、春樹くん。
今度は素潜りで来るから、また一緒に遊ぼうね!!
44721401_1702435516[1].jpg



二日酔いのまま、河津桜の見学に。
44721401_4071932192[1].jpg

44721401_1849888148[1].jpg

44721401_3977319311[1].jpg

44721401_2368744801[1].jpg



美しい桜の下で、部長mayuは必死に吐き気を堪える。
その横で元気に屋台のグルメを頬張るNAKAとパパラッチが羨ましい・・・
44721401_1664044930[1].jpg

44721401_2040738434[1].jpg




その後伊豆の露天温泉へ行き、
ダラダラと素潜りポイントにあたりをつけつつ・・・帰路へ。
今度は温泉と素潜りで来ようぜっ!!
44721401_273806611[1].jpg

44721401_4139111432[2].jpg




PS
帰宅中も撃沈なのでした・・・
44721401_2555325054[1].jpg
posted by うみうし部 at 10:00| 静岡県 伊豆半島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。