2009年11月25日

初遠征!西伊豆へ行く!

11月3連休の日曜日と月曜日。

「フリーダイビングチーム無限」のたけさんと、お父さんに誘われて、西伊豆の井田へ行ってきました。
なんと出発の3日前に誘われました。OKを出すmayuも相当な暇人ですが。

富士川SAのマクドで朝ごはん。
大きな窓は、富士山を眺めるためだと思いますが、残念ながら拝むことができず。
IMG_5906.JPG



井田への道のりは大渋滞。
IMG_5907.JPG



伊豆で素潜りというのは初体験。
ダイビングポイントとしても有名なんですね。
IMG_5908.JPG

誘われたのが3日前ということもあって、井田の情報をちゃんと仕入れていかなかったのですが、すごいビーチでした。
エントリーしてすぐに−20メートル以上落ちるって、ダイナミックすぎます。

魚影の濃さと、透明度の高さ・・・5ミリのジャージウエットがこれほど腹立たしく感じたのは初めてです。
もっともっと遊んでいたいのに、寒いっ!!
IMG_5910.JPG

IMG_5911.JPG

IMG_5914.JPG


この黄色い魚は「タカベ」ちゃんだそうです。
美味しいらしいですよ。


若狭や串本とは異なる景色に大興奮。
その頃、無限のたけさんとお父さんは、バハマで行われるフリーダイビングの世界大会へ出場する選手の練習会に参加されていました。

練習後、無限メンバーでぱちり。とっても寒そうですね!!
IMG_5936.JPG



翌日は「BBB」のみなさんとビーチで素潜りを楽しみました。
IMG_5973.JPG


みなさんのパワフルな潜りっぷりに感動致しました!!

IMG_5976.JPG

IMG_5975.JPG



ビーチから富士山が拝めました。思わずため息。雪化粧が美しすぎます。
IMG_5987.JPG


たけさん、お父さんありがとうございました。「BBB」のみなさま、お世話になりました。
バハマ世界大会、頑張れ日本。
IMG_5969.JPG


ただし、この旅。
唯一の心残りは、出発を土曜日にしなかったこと。
土曜日は名古屋で豪遊→日曜日は伊豆で素潜り!!
という完璧な計画を思いつかなかったことに激しい屈辱を覚えます。
ちくしょうっ


P.S
BBBさんから頂いたハワイアン筋肉マッチョのカレンダー写真集は、BBBさんのお部屋にそっと飾っておきました★
ごちそうさまでした♪←何が?
IMG_5988.JPG
posted by うみうし部 at 00:00| 静岡県 伊豆半島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

うみうし部、熊野灘へ行く。

11月6〜8日に掛けて、熊野灘へ素潜りへ行ってきました。企画提案は、アプナー兼、無限のTUKAさん。うみうし部は、その企画に便乗です。(最近、便乗が得意な、うみうし部なのです)

部長mayu、へんちくりんな姿を梅田でパパラッチされる。
DSCN1949.JPG


モンベルにて、長Tを購入しているTUKAさんと合流。
TUKAさんの快適なハイエース(だっけ?)で熊野灘を目指し、爆走!
IMG_5838.JPG



11時すぎに到着。月明かりがとてもキレイな夜でした。
宿はTUKAさんのお友達、ぐんそうさん宅をお借りしました。これがまたALWAYS風の素晴らしいお家でした。


時計の音を聴きながら、ビールで乾杯し、1缶だけ空けて、寝袋にくるまって就寝。私はというと、寝ぞうが悪かったせいか、何度も壁に激突。あまり眠れず、朝を迎えました。
DSCN1956.JPG



朝起きると、夜勤明けのぐんそうさんがご帰宅。挨拶をして、ややまったりした直後・・・



!!!!!


DSCN2016.JPG



ぐんそうさんは山猿が自宅近くまで降りてきたとかで、威嚇のためエアガン片手に山へ登って行かれました。




その後、ご自宅近くの徐福茶屋で朝ごはん。
お茶をすすり、手づくり草餅をほおばる。

DSCN1976.JPG

IMG_5877.JPG




草餅を買いに来たご近所さんと歓談しながら、またお茶をすする。
青春18切符に出てきそうな海と山の穏やかな風景を眺めつつ、目を細めて朝のひと時を楽しむ。

IMG_5844.JPG




あまりにもまったりしすぎました。

「さ、そろそろ行こうか」

「ん?どこに?」

「海だよ海」

「えっ、潜るの??」

「朝ごはん食っちゃったよ!!」


なにしに来たんだ、おまいら・・・


残念ながら、軍曹さんはカフェのバイトがあるとのことで、素潜りはご一緒できず。
3人で須野ビーチへ向かいました。


1本目
須野ビーチ
水温20℃
透明度10メートル
エントリー11時9分
ダイブタイム1時間

DSCF2401.jpg

DSCF2405.jpg




TUKAさんおすすめの水路は波が高くて断念。
けど、魚がいろいろと居ついていておもしろかったです。日本海や串本とは異なる景色を堪能しました。

DSCF2415.jpg

DSCF2408.jpg

DSCF2442.jpg


ダイビング施設でシャワーを浴び、まったり昼ごはん。
コーヒーを飲んでから2本目へ。


2本目
須野ビーチ
水温20℃
透明度10メートル
エントリー13時52分
ダイブタイム1時間

DSCF2412.jpg

DSCF2420.jpg

DSCF2434.jpg




須野ビーチをあとにし、ドライブがてら翌日潜る予定の井内浦へ向かう。

井内浦ビーチ。冬季合宿に使えそうなキャンプ場所もありましたよ。笑

IMG_5862.JPG



ぐんそうさんがバイトしている天女座へ。
ここのカフェも素晴らしいロケーション。

IMG_5866.JPG




夜は「主婦の店」という地元のスーパーで買い出し。地元の刺身とかいろいろと調達し、ぐんそうさん宅へ。
鍋の準備はうみうし部が担当。おなかが空いていたので、3倍のスピードで準備を行いました。
さすがうみうし部!仕事が早い!

DSCN2004.JPG


ぐんそうさんがマンボウのこのわたをマフェトン風に仕上げてくれました。
味付けはオリーブオイルと塩こしょうのみ。ばり旨でした。

DSCN2006.JPG


刺身の名前は忘れました。

DSCN2005.JPG


まったり反省会を開始。


レスキューや水上安全法について熱く語り合い、11時過ぎに就寝。
私も寝袋に入った途端、爆睡です。気持ちよすぎてヨダレを垂らして寝てしまいました。


朝6時過ぎ起床。3人で朝日を見たあと、見事に二度寝。
IMG_5875.JPG


縁側に干したウエットスーツ。
なんか、いいかんじ。
DSCN2013.JPG



消防訓練に行くという、ぐんそうさんを見送ったあと、何気に天井を仰ぐと、そこには・・・・
※スクロール注意 この先には衝撃映像が含まれます。
 心臓が弱い方はウインドウを閉じて御戻りください。













































イヤっっ!!なにこれ!!!
DSCN2015.JPG







体長15センチは余裕で超えている。
熊野の一軒家に悲鳴がこだまする。
目を覆いながらも指の隙間からちゃっかりまじまじと観察してしまう。恐怖と好奇心が表裏一体状態。


忘れ物を取りにもどってきた、ぐんそうさんに「あ、アレアレ・・・」と報告すると、



「あぁ、あいつは猿と違って悪させーへんから、放っておいて」




うそだ!!絶対に信じない!!!




ひとしきり盛り上がったあと、またまた除副茶屋へ。
草餅とお茶、あたたかい日差しの中、さきほどの恐怖・・・いや、都会の喧騒を忘れてまったり。

DSCN1977.JPG




朝ごはんを食べたあとは、おなじみの会話。

「さ、そろそろ行こうか」

「ん?どこに?」

「海だよ海」

「えっ、潜るの??」

「朝ごはん食っちゃったよ!!」


恐るべし熊野、いや徐福茶屋タイム。



井内浦へ向かう途中。
メンバーのターゲットを確認する。ターゲットはターゲットでも、ウミウシ狙いで一致団結。笑

3本目
井内浦ビーチ。
くまの灘というダイビング施設を使わせて頂くことになりました。
施設にはダイバーはおらず、貸切り状態でした★
水温20度
透明度10〜15メートル
ダイブタイム1時間15分

DSCF2449.JPG



行きたいゴロタポイントは釣り人に占領され、諦めることに。
頑張ってウミウシを探したのだけど、目に入ってこない。エキジット付近の岩場で、ムカデミノウミウシとハリセンボンを見つけ、しばし遊ぶ。
DSCF2456.jpg

DSCF2463.jpg


寒さにやられて。腕がしびれてきたのでエキジット。温水シャワーが体に染みました。


昼食を摂ったあと、ひなたぼっこしながら昼寝タイム。
ダイビング施設は貸し切り状態。



ところが・・・
※この先には衝撃映像が含まれます。スクロール注意。















































貸し切りだからって、パンツを大胆に干すのはやりすぎだろう!!
DSCF2468.jpg




4本目
井内浦ビーチ。
水温20℃
ダイブタイム1時間

4本目はクマノミ狙い。
残念ながら居ませんでしたが、すごいものを見ました。
私はシュノーケリングで出会ったのは初めてです。
ツバメウオの群れ。

DSCF2475.jpg



最初落ち葉が規則正しく並んでいるなぁ、と思って避けようとしたら、おい。魚じゃないかい、おい。
慌ててTUKAさんとパパラを呼びました。
パパラがダッシュでツバメウオを蹴散らす!!!おい!!
あとでTUKAさんに確認したところ、井内浦では何度か見かけたことがあるんだそう。



カフェでバイト中の、ぐんそうさんにあいさつをし、帰路につきました。


気候にも海峡にも恵まれた最高の2日間でした。




おまけ
もちろん最後は王将★ハズレのない旨さ。
IMG_5884.JPG
posted by うみうし部 at 00:00| 三重県 熊野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。